小松屋株式会社 KOMATSUYA CORPORATION

会社沿革&組織図会社沿革&組織図

会社沿革

昭和

5年10月 小松屋化学香料合資会社として和歌山に設立。代表者小林孫一。
特産の夏柑より、クエン酸・オレンジオイル・香料を製造する。
25年 ベルギ−国シトリックベルジェより発酵法によるクエン酸石灰を輸入し、 クエン酸の増産体制をととのえる。
36年9月 株式会社に組織変更。代表取締役に小林孫一就任。
39年 クエン酸の価格低落、採算悪化のためクエン酸の生産を縮小し、食品加工・稚魚飼料用顆粒の製造などを行う。
42年12月 代表取締役 小林孫一死去により、代表取締役に小林良平就任。
43年9月 住友化学工業株式会社の委託生産として、ゴム薬品数種の造粒、粉砕、混合などの二次加工を行う。
55年3月 輸入醗酵乳酸を精製し、食品添加物として販売する。
56年7月 代表取締役 小林良平の急逝により、取締役小林美子が代表取締役に就任、同時に小林宏輔は非常勤取締役となる。
58年3月 小松屋商事株式会社を設立し、同時に大阪支店を開設する。
59年4月 小松屋商事株式会社東京支店を開設する。
63年1月 小松屋商事株式会社大阪支店を大阪本社にし、代表取締役に西園芳治就任。

平成

9年11月 小松屋商事株式会社代表取締役西園芳治死去にともない、代表取締役に小林美子就任。
15年10月 小林宏輔が代表取締役社長に、小林美子が代表取締役会長に就任。
19年11月 社名変更し、小松屋株式会社とする。
20年4月 小松屋商事株式会社と合併する。

組織図

組織図

 

トップページへこのページの最初へ
  • TOPページ
  • 会社概要
  • 会社沿革&組織図
  • 営業品目
  • 主な取引先
  • 和歌山工場 設備
  • 製品品目
  • アクセス